technology

鋳造成型に伴う単純作業のロボット化

杉松産業株式会社では鋳造成型に伴う単純作業をロボット化し、人件費を削減する計画を進めています。

計画概要

導入背景について

国内大企業では多量生産品を社内で自動ライン成形しているが、多種生産は採算性が落ちるため外注生産を行っている。

小企業は多種少量生産「月産数約50~10,000個程度」、約80種程度が主流の仕事で、手間がかかる上、コストをかけられない事情から自動化の設備投資が遅れている。

導入工程

現在の鋳型を生成する工程の概要・・・
移出成形機の「①金型交換 ②稼働」、 金型の「③掃除 ④離型剤塗布」、
製品の「⑤取り出し、⑥良否判定」、⑦バリの除去、⑧箱詰めあるいは台車乗せ、⑨塗型、⑩接着、
などの単純作業が人の手作業で行われている。

自動化内容

【ロボット導入対象工程】
②稼働作業 ③掃除作業 ④離型剤塗布作業(20~30ショットに1回) ⑤金型からの取り出し
上記の工程をロボットを導入していきます。

実現期待効果

●省人化:6人→5人
●生産性の向上:15%アップ
●体力消耗の激しい重作業からの作業員開放
●挟まれ、熱傷などの人的エラーリスクの回避
●コスト低減 15.3%減を目標とする
●製品の不良率現状0.9%→0.001%以下

システムの概要

H26年度補正予算のロボット導入実証事業において採択され、愛知県の方でも取り上げていただいた内容の紹介ビデオです。

技術紹介

製造スタッフ募集
事業案内
会社案内
お問い合わせ